1軍ルアー(改訂版)

lures
 厳選メンバー。左上から
 
■ヘドン ポップンイメージ
 ポッパー。比較的最近のヘドン。もともとはエクスキャリバーシリーズで出ていたもの。よく首を振り、ポップ音もチャガー音も自在。
 
■ヘドン ラッキー13
 ダータータイプのポッパー。引くと浅く潜って泳ぎ、トゥイッチすると水面でポップ音をたてて魚を誘う。真ん中のフックを外してコロラドブレードに替えてある。ゆっくり引くとカチカチ音をたてながらフカフカ泳ぐ。芸達者。
 
■ヘドン スピッティンイメージ
 ペンシルベイト。これも最近のヘドン。いかにも逃げ惑うシャッドという動き。
 
■ヘドン オリジナルザラスプーク
 ペンシルベイトの基本。水に絡んでのそのそとドッグウォーク。
 
■ヘドン クレイジークローラー
 ノイジータイプ。クロールで泳ぐ。元祖羽根もの。蝉を模したと思われるカラーリングが謎。
 
■ヘドン スロープノーズ
 タイプ不明。トゥイッチすると襟巻きで水音を出す。ヘドンが1902年に初めて発売したルアー、ドワジャックエキスパートのリメイク。
 
■ザウルス バルサ50 ポップスウィンガー・セラフ
 ポッパー。水平に浮くのにきれいに首を振る。バルサ50シリーズだが、セラフはプラスチック製。
 
■ザウルス バルサ50 ビッグラッシュスケーター・セラフ
 ペンシルベイト。スライド幅が大きい。バルサ製より動かしやすい。
 
■ザウルス バルサ50 マンボー
 スイッシャー。前のプロペラと後のブレードで誘う。首振り上手。
 
■メガバス ポップマックス
 ポッパー。最近のルアーだけあって、考えすぎるほど考えた設計は、なるほどと思わせるアクションを生む。干物のようにリアルな外観だがかっこよさがある。
 
右段
 
■ルーハージェンセン バスオレノ
 サウスベンド→エバンス→ルーハージェンセンと渡り歩いたダータータイプのポッパー。引くと浅く潜り、独特の不規則な動きをする。好きなのはポッパーとして使ったとき。これまた独特の身悶えするようなアクションをしながらポップ音を出す。
 
■ルーハージェンセン ニップアイディディー
 前後のプロペラで魚を誘うダブルスイッシャー。プロペラはスムーズに回るボス付。一番よく使うルアー。
 ちなみに一緒に入っているのは100均のピンオンリールと爪切り。ラインカッター。
 
■フレッドアーボガスト スパターバズ
 頭にバズベイトのブレードを持つスイッシャー。というか水面で静止できるバズベイト。
 
■フレッドアーボガスト フラポッパー
 ポッパー。フォルムが好き。大きな口でスプラッシュを飛ばす。
 
■フレッドアーボガスト ジッターバグ
 ノイジータイプ。水面を歩くように進み、ポコポコと音を出す。ナマズに効くらしい。
 
■スミス ハトリーズ クロコダイル
 ペンシルベイト。スプラッシュを上げてターンする。非常に動かしやすい。
 
■スミス ハトリーズ インナーハンド-W.B.-
 ペンシルベイト。作者の羽鳥静夫氏がまず最初に投げるお気に入りルアーとのこと。
 
■ラッキークラフト サミー115
 ペンシルベイト。垂直に近い角度で浮くので、おじぎ的なドッグウォークをするのかと思ったら、結構スライドする。不思議なルアー。
 
■ゲーリーヤマモト スゴイペンシル No.2
 ペンシルベイト。幅の広いスライドとワンノッカーラトルで誘う。

コメントを残す