ナーフ モジュラス レコン MK III

 表記が「レコン」になっとるが、リーコンですわな。リーコン マークIII。私の好きな色である黄緑が効果的に使われており、オレンジとの相性もよい。
 手動でクリップ式12連発というスペックは、すでに持っていてお気に入りまくっているデルタトルーパーと同じでありかぶっているのだが、かっこいいので買っちゃいました。クリップは同じものですな。
 お座敷シューターなのでディフェンスバリアはいらないです。バレルエクステンションがスカスカですぐ取れそうなのでネジゆるみ止め剤を塗っといた。
 若干パワーが強い気がする。ぱちこーん!って言う。
 プラスチックではあるものの、機械をいじってる感じが濃厚で、撃っていてとても楽しい。鉄砲好きに、ぜひ手にしてほしい。デルタトルーパーもいいですよ。

ナーフ エリート ストロングアーム パープル

 またナーフ買うてしもた。しかもストロングアーム2丁目。色違い。結構高いんですよ。購入時6600円。6連射リボルバータイプは普通2000円くらいで買えるのに。既に持ってるクリアバージョンもかっこいいが、これもいいなあとずっと思ってて、ストロングアームは1番好きなブラスターだから2丁持っててもいいだろうと、どーんとっていうか、とうとう購入しちゃいましたよ。ちなんどくと2番目に好きなブラスターはデルタトルーパー。
 ストロングアームについて新たに言うこともないが、パープル、かっこいいね! 色の組み合わせが悪っぽくもあり、可愛くもあり。詳しくはまたナフ太郎さんのYouTubeで。

サクションダーツがなくなる?

 ナーフの話。
 昔っから吸盤弾吸盤弾って言ってるんだけど、最初に買ったマーベリックに付いてきたのが吸盤弾で、あちこちの平面にびとびとくっつけるのが気持ちよくてナーフにハマったんですね。
suction darts
 右の肌色ペールオレンジのがマーベリックに付いてきた初代マイクロダーツ。吸盤が大きくて、先端部に重量があるのでくっつきやすい。左の青いのが3代目になるサクションダーツでクリップ(マガジン)式のナーフにも使えるよう先端部が小型化されてる。
 ストロングアームなど先込め式のナーフには初代を使う。よくくっつく。
 クリップ式のデルタトルーパー、先込め式だがダーツの互換性に厳しいショックウェーブには3代目を使う。そして、クリップに込めるとダーツがだんだんへなへなになってくる。中空のスポンジ製ダーツに上下からテンションかけるしね。したがってリフィルが必須。
 なのだが、現在アマゾンでサクションダーツを見ると、アマゾンでは欠品していて出品者からの購入になっているうえ、「この商品には新しいモデルがあります」とあり、エリート2.0ダーツが後継品として紹介されている。え? サクションダーツはディスコン? と慌ててUSハズブロのサイトを見てみたが、2代目の在庫があるのみで3代目はなし(2代目はショックウェーブに使えない)。
 備蓄はあるものの、取りあえず、ちょいとお高くなるサイトで30本入り2パックを抑えといた。しかし、ほんとにこのままサクションダーツなくなっちゃうんだろうか。2.0サクションダーツは出ないんだろうか。

通勤で出会うキャラクター

・歩きスマホ
 スマホを見ながら蛍光色のスニーカーですたすたと、駅に向かう俺を追い抜いていく男性。
 
・安全テープ
 反射テープの輪っかをデイパックに付けていた男性。今はなんだかわからない黒い金属の輪っかを付けている。
 
・ギリギリさん
 バスの時間ギリギリに来る女性。マスクで全貌はわからないがおそらく美人。
  
・老人
 バス停で待っている時間に通りがかる男性老人。少し左に傾いている。
 
・ポールダンサー
 バスに途中から乗ってくる女性。座れないので棒につかまって立っている。
 
・青パンツ
 同じバス停で降りる男性。青いズボンを履いている。
 
・優秀氏
 毎朝立ち寄るコンビニの男性店員。1回「袋ください」「iDで」ってやったら、次から何も言わないでも袋出してiDに切り替えてくれてる。
 
・石塚
 毎朝立ち寄るコンビニの男性店員。石塚英彦に似ている。それ以外は普通。
 
・ノースフェイス
 退勤時に会う。ノースフェイスとかパタゴニアとかモンベルとかアウトドアブランドを身に付けている女性。背がかなり低い。

シン・エヴァンゲリオン劇場版𝄇

 なんかあっけに取られて観てました。まさか村の生活が描かれるとは思ってなかったし、ゲンドウの心情が語られるとも思わなかったし、急浮上するマリの役割も意外だったし、8+9+…とか言われてもわかんないしオップファータイプって何? そんでもって、こんなにきれいに終わるとは。
 2回観たけど、まだぽかーんとしてるとこあって、ちゃんと感想書けないすね。ただ、エヴァってやっぱり自分にとって大きな作品だということがよくわかったというか、今作をもってそうなったというかで、ちゃんとお金払っていきたいと思った。取りあえず旧作のBDボックス買うた。新劇4作ボックス出るならそれも買う。

好きなもの

好きな食べ物

ゴーヤーチャンプルー
カオマンガイ
チキンサグカレー
コシーニャ(ブラジルのコロッケ)
かすうどん
サッポロ一番塩ラーメン
大多摩ハムのベーコン
シャウエッセン
フィッシャーマンズフレンドのミント
ピータン
魚介類
きゅうり
茄子
マヨネーズ
タバスコ
花椒
ナムプラー
 

好きな飲食店

江ぐち・みたか
ぎょうざの満州
 

好きな色

黄緑(C20 M5 Y90)
 

好きな生物

ネコ
カメ
カイツブリ
タコ
スノーフレーク
 

好きな音楽

『Chega de Saudade』João Gilberto
『泰安洋行』細野晴臣
『Encontro Com A Velha Guarda (すばらしきサンバの仲間たち)』V.A.
『Yellow Magic Orchestra』Y.M.O.
『Cupid & Psyche 85』Scritti Politti
『Tong Sologoto』Detty Kurnia
『Pacifica』Sandii
『Prize』Arto Lindsay
『First Love』宇多田ヒカル
『逆上がりの国』湯川潮音
 

好きなマンガ

『マッドメン』諸星大二郎
『スクラップ学園』吾妻ひでお
『AKIRA』大友克洋
『GOD SAVE THE すげこまくん!』永野のりこ
『ラブリン・モンロー』ジョージ秋山
『かむろば村へ』いがらしみきお
『地獄先生ぬ〜べ〜』真倉翔・岡野剛
『江豆町』小田扉
『ベロベーマン』谷岡ヤスジ
『いけない!ルナ先生』上村純子
 

好きなゲーム

ギャプラス
ゼビウス
ファンタジーゾーン
ドラゴンクエストIII
ウィザードリィ
ファイティング・バイパーズ
ワイプアウトXL
デ・ラ・ジェットセットラジオ
機動戦士ガンダム MS戦線0079
スプラトゥーン
 

好きな映画

タクシードライバー
ブラックホーク・ダウン
マックス・ヘッドルーム
仁義なき戦い
シン・エヴァンゲリオン劇場版𝄇
バーバレラ
キャンディ
ガメラ3 邪神〈イリス〉覚醒
レオン
シベールの日曜日
 

好きな作家

フィリップ・K・ディック
カート・ヴォネガット
 

好きな怪獣

エレキング
 

好きな仮面ライダー

響鬼
 

好きな銃

ルガーP08
AKS-74U
 

好きなオモチャ

ナーフ(特にストロングアームとデルタトルーパー)
EXTENDED MOBILE SUIT IN ACTION!! ザク
 

好きなカメラメーカー

オリンパス
 

好きな写真

https://zumbi.tumblr.com

ナーフ エリート デルタトルーパーと、ナーフのススメ

 ナーフ エリート ターゲティングセットを買ったことで、俺の中で第2次ナーフブームが来てまして。やっぱり純正の的があると気分が上がる。
 ダイソーで弾を入れるためのスタッキングケースを2個買ってきて、片っぽにハンドガン用の初代マイクロダーツ、もう片っぽに長物用の現行サクションダーツを入れ、ターゲットの横に置いてある。なんならこの容器も的になる。これでいつでもシューティングできる。

 なんか生活感溢れる写真だけど、実家暮らしなもんですみません。
 
 改めてナーフとは、米ハズブロ社製のオモチャの銃(ブラスターと呼ぶ)のこと。昔はタカラトミーが扱っていたが、現在はハズブロジャパンが販売している。スポンジ製の弾(ダーツと呼ぶ)を用い、子供でも安全に遊べる。
 ゲームのスラングで武器などが弱体化されることを「ナーフ」と言うが、「俺の愛用武器をオモチャにしやがって」的な意味だ。
 
 リアルなエアガンもいいのだが、お座敷シューティングにはオーバースペック。その点、ナーフは安心のローパワー。ダーツが大きく回収が楽で、使い回せる。近距離で適度に当たらない精度がゲーム性を高める。個性豊かなデザインも楽しい。
 6連射リボルバータイプが、機能・大きさ・価格の総合面でおすすめ。ちょっとお高いがクリアボディーが素敵でシリンダーのスウィングアウトが楽しいアマゾン限定カラーストロングアームや、スウィングアウトはしないがぐっとお安いディスラプター、サイトがないのがアレだが最新のコマンダー、お好みでどうぞ。
 なおかつ吸盤弾サクションダーツの使用を推したい。ターゲットがあるとより楽しい。ひととおり買ってもお手頃価格。写真のリンク先はディスラプター+ターゲティング セット+サクションダーツだが3000円くらい。
 
 今回はライフルタイプを購入。電動は常に電池を用意しとかなくちゃいけないので、手動モデルのデルタトルーパーを選んだ。
 デザイン的には後継機エリート2.0 エコー CS-10の方が大人っぽいのだが、2.0はコストダウンが図られていて、作りはデルタトルーパーの方がいいようだし、こないだ買ったショックウェーブと毛色の違うのが欲しかった。
 実銃の場合はバレルが加速器になっているが、ナーフの場合バレルは飾りでしかなく、むしろ抵抗になって威力や精度を落とすこともある。一応内側にライフリングが切ってあるんだけど効果があるとは思えず。バレル取っちゃって使えばいいんだが、まあそこはロマンというか。せっかくの長物だし。
 アメリカにはトイガンの銃口をオレンジにしなきゃいけない決まりがあるけど、ナーフはその制約をデザインに活用してる。濃い青紫とビビッドなオレンジのツートンがなかなか凶悪。3000円台のオモチャにしては迫力があり、部屋に立て掛けてあるだけでかっこいい。
 実際撃ってみる。マガジンに弾を込めて、マガジンを挿入して撃つ、という動作が実銃っぽい。これがやりたかった。ナーフ用語で正しくは「クリップにダーツを込めて」だけども。なお、マガジンは自重で落下します。スライドをがちょがちょっと、引いてコッキング、戻してボルトを閉鎖する動作が気持ちいい。プラスチックとはいえ、機械を操作してるんだなという実感がある。肩付けしてじっくり構えるのも雰囲気が出る。いいっすね。鉄砲好きに訴求する。
 肩付けしたらきちんと狙いたいところだが、ナーフにありがちなことにサイトがない。でも、肩付け、頬付けした状態でフロントサイト状の突起に合わせれば大体いける。集弾はストロングアームと比べると悪い。
 あと、大人にはストックの長さがちょっと足りず窮屈ではある。グリップが小さめで握りにくく、銃の重さはほとんどトリガーガード下の中指が受けることになる。長時間だとつらい感じ。
 ともあれ、いかにも銃をいじってる操作に快感があり、かなりお気に入りのブラスターとなった。
 その他詳しくはナフ太郎さんの動画レビューを見てください。と、いきなり人まかせで終わる。いや、この動画見て買っちゃったので。
 
 ちなみに当ブログでは以下のナーフをレビューしております。

 
 ついでにエアガンはこちら。