チックと私

チック症、またはチック障害とは、チック(突発的で、不規則な、体の一部の速い動きや発声を繰返す状態)が一定期間継続する障害。

 ウィキペディアから。基本的に子供に多い。
 庵野秀明『ラブ&ポップ』にツバを吐く動作を繰り返す男が出てきて、「チックだよ、俺みたいなのは珍しい」みたいなセリフがある。
 俺のチックは口を動かすというもの。傍目にはガムを噛んでいるように見える。もともとは親不知を抜いたあとを舌で触るところから始まっている。それが変形して癖になった感じ。自分ではコントロールできないところで動いている。人がいるときなど我慢することはできるが努力を要する。最近はマスクをするのが普通になったので助けられている。
 通常勝手に治るものらしいが、俺は8年くらい続いている。向精神薬による治療もあるらしいが、通ってる心療内科では「ほっとけ」と言われている。
 動かし方、動かす頻度は時期によって違っており、今はひどくて自分でつらい。痛いこともあるし、唾液が出て咽が刺激され、変な咳が出たり吐き気を催したりする。そんでもってつらさのあまりこんなエントリーを書いている。治んないかなあ。無理矢理我慢し続ければいいのかなあ。それができないんだけど。

キングオージャーに対する批判のかたち

 キングオージャーがめちゃめちゃにおもしろいんだけど、ツイッターのトレンドでわりかし評判悪いのを知った。もちろん絶賛してる人もいる。異色作なので賛否がわかれるのはしょうがないかもしれない。そんで批判するのは自由なんだけども、けなす口調に、客観的理由で反論できないようにする、我らの正しさを主張する、みたいのが目についてヤだなあと思った。
 例えばロボ戦が少ないのでロボットのオモチャ買った子供ががっかりしてるとか。ホントかどうか知らないが、そういう子供もいるかもしれん。ならばその親だけがそれを語ればいい。子供も一様ではないんだから。
 戦隊もののロボ戦はオモチャを売るために取って付けたような感じで、敵が巨大化するから巨大ロボで対処するってだけで、最近そうでもなくなってきたが見てもあまりおもしろくなかった。でもキングオージャーではロボの位置付けが変わり、力であり、ロボを使える能力が重要な意味を持った。だから登場場面が少なくても、キングオージャーのロボは存在感が強い。大人の俺が見た感想はこうだ。
 オモチャが売れる作品がいい作品なんて見方、株主でない限りする必要がない。スーパー戦隊は子供のものだから、子供が支持できるものでなければならないという「客観的」意見も取りあえず大人の視聴者には関係ない。大人は大人の意見を語ればいい。ロボットアニメは子供のもの、を逸脱したのがガンダムで、現に当時オモチャが売れず放映回数も減らされたわけだが、その後の評価は知ってのとおりだ。
 キングオージャーはガンダムと違って、ちゃんと子供を相手にしている。だからといって今までのパターンから逸脱しちゃいけないってことはない。ウルトラセブンだって複雑なテーマを扱っていた。子供なりになにかを感じ、成長しても心に残る作品だった。子供をなめてはいけない。
 スーパー戦隊はシリーズでやってるものだから今期異色でも、そういう作品もある、で済むと思う。
 シナリオがふらついているという批判もあるようだが、俺はむしろしっかり練られていると感心している。登場人物のキャラが若干変わるくらいは、ライダー見てたら普通のことだ。
 嫌いだ、デキが悪いという人も当然いるだろう。それは全然かまわない。俺と趣味が違い、俺には見えない部分を見ているのだろう。ただ、嫌うのが正しい態度だという語り口がイヤなのだ(皆じゃないが)。要はいろんな作品があっていいし、いろんな意見があるということだ。
 とにかくあと2回。期待していきたい。

OM-1 Mark IIが出たわけだが

製品サイト
 2年というフラッグシップとしては短いスパンで新型が出て、ハード的にはバッファが2倍になったくらいしか変わってない。RAMも増えてるそうだが、センサーとエンジンは一緒。
 ソフト的にはAFが改善されてるという。デジカメWatchによると

従来からある顔優先/瞳優先AFをAI被写体認識AFに統合・発展させたもので、人物の横向きや後ろ向き、目や口が隠れていてもAFできるよう認識能力が向上したという。加えて、検出被写体をスーパーコンパネから選べるようにし、従来よりスムーズな操作性とした。
 
ほかにも被写体追尾能力と合焦率がアップしたとしており、被写体の手前のあるものに引っ張られにくくなったという。

だそうで、これな、無印OM-1ユーザーがずっと不満に思ってきたことで、ファームウェアによる改善を待ってたのよ。OM-1のAFは他社に負けてるけどファーム2.0が来るんだと思ってた。OMDSは改善の余地があると言ってて、実際ハード的に変わってないMark IIで改善されてるんだから、無印にも適用できるはず。RAMが違うといっても、なんらかの改善はできるだろう。でも、それやっちゃうとMark IIの売れ行きが鈍るからやらない。
 がっかりですわ。メーカーがユーザーを大事にしないなら、ユーザーもメーカーを大事にしないよ。
 まあ、無印は最後のOLYMPUS銘の機種なんで、どっちみち壊れるまで使う気でいて、ちょいちょい買い替えるいいユーザーではないけども、壊れたらもうOMDSの新機種じゃなく、よそに移ろうかなまで考えるよ。もう1回言うけど、がっかりですわ。
 
*追記
2月21日にファームウェアアップデート計画についてのお知らせがあった。これ。おお、やればできるじゃないかOMDS! 見直したよ。2.0と呼べるだけのアップデートかどうかはわからないが、とりあえず良かった。このタイミングでの発表は、もともとやるつもりはなく、あんまり不評だからやっぱりやることにした可能性が高い。俺もこの誰も見てないブログだけじゃなく、OMDSのツイッターにコメントしたし、ショウルームで要望伝えた方もいるようだし、価格コムでも不満爆発してるし、5chやデジカメインフォは見てないと思うが、文句は言ってみるもんだと思った。

ゼブコ オメガ プロ ZO20PRO(後編)

zebco omega pro
 スピニングリールの操作感が嫌いで、ゼブコのスピンキャストリール、オメガ プロを購入した。詳しくは前編を。
 シーズンオフだが試したいタックルが他にもあって、気温15℃だしちょっと行ってきた。
 なんかアマゾンでも買えるようになってた。でも高い。
 前提として俺は基本的に緩いトッパーで、5/8oz前後のトップウォータープラグをベイトタックルで投げるのがメインだ。スピニングとかスピンキャストとかは小型プラグやワームを使うときの、あくまでサブ。
 スピニングの代わりにスピンキャストを使うには、ベイトフィネス用の柔らかいロッドが必要になる。サブシステムにはそんなにお金をかけられない。1万円台の2ピースということで、ダイワ 21 ブレイゾン C64L-2・BFを選んだ。ポイントは対応ルアーウェイトが1.8~11gで、下が軽いこと。シマノ ゾディアス 164L-BFS/2だと4~12gになってる。まあ、カタログスペックは目安でしかないけども、ノーシンカーワームを投げるとき安心感がある。手持ちのスピニング、アブガルシア バスビートIII BBS-632L IIIに比べるとちょい固くて、よりファストテーパーな感じ。
 ちなみにリール形状の関係で、スミスとフェンウィックのトップウォーターロッド用ガングリップには取り付けられなかった。もしガングリップで使おうとしてるなら要注意。
 最初からUS-6Lbのラインが80yd(73m)巻いてあるのだが、これは日本だと2.5号相当とのこと。ほんとにこの換算は合ってるのか疑問だったが、実際ナイロン10Lbに巻き替えてみると、100mスプールの70パーセントくらいは巻けてる感じだ。スピニングの代替としては十分だろう(バス釣りでスピニングに10Lbなんて太い糸巻く人は少ない)。
 スピニングリールに比べてどうか。手持ちのスピニングはシマノ 19 ストラディック C3000。
 まず価格。ストラディックは購入時約2万円だが、オメガ プロはアメリカで90ドル(約1万3000円)。そのぶんレベルダウンする。
 ストラディックのギア比は5.1だが、オメガ プロは3.4。大幅に低い。
 重さはストラディック225gに対して、ライン込み302g。結構重い。持った感じ、ずっしりくる。
 この前提でもうダメな人はダメだろう。
 さて、実戦。4inワームのノーシンカーから12gのジャークベイトまで問題なく使えた。
 スペック上の問題点は意外と平気だった。低すぎるギア比は案外気にならない。全然ロープロファイルではないのにパーミングでき、持ち重りしない。
 問題ないと思っていた巻き心地が悪かった。ベアリングが7個入っていて、スピンキャストの中では最上級にスムーズらしいのだが、それでも若干ごろごろする。ルアーを引いてくる感触がわかりづらい。感度を問題にする向きにはダメな感じ。
 結論として、サブとしては使える。ワームメインとかだとつらいだろう。
 長期使用で問題なければスピニングタックルは売っちゃおう。これで嫌いなスピニングから解放される。俺も物好きの仲間入りだ。

トライアングル TU-01という存在

 前のスピンキャストリールに関するエントリーで、「上級者向け高級機はない」「日本では一部の物好きしか使ってない」と書いたんだけど、こんな記事を見つけた。

 なんと日本のプロが使っていた。変わってはいるが「物好き」というのは失礼だ。
 そして彼が使っているリール、トライアングル TU-01は税込5万4780円で高級機だった。アンダースピンというスピニングロッドで使うタイプ。ギア比も5.8と十分高い。こんなリールもあったんだなあ。
 メーカーサイトの上に行ってみると他にはガンダムやワンピースなんかのキャラクターグッズを作ってる模様。こっちはスピンキャストらしい低価格路線。

Zebco Omega Pro ZO20PRO(前編?)

Zebco Omega Pro ZO20PRO
 リールには、ベイトキャスティングリールと、スピニングリールがある。バス釣りでは主に、ベイトは重いルアーを、スピニングは軽いルアーを投げるのに使う。
 俺はスピニングの操作感が嫌いだ。毎度ヤだなあと思いながら使っている。で、YouTube見てたらスピンキャストリールを使っている人がいた。あ、スピンキャストがあったじゃん。というわけで、スピニングをスピンキャストに置き換えるのはどうか、しばらくあれこれ考えていた。
 スピンキャスト、またはクローズドフェイスと呼ばれるリールは、操作感がベイトに似ていて、クラッチの操作がわかりやすい。ロッドもベイト用を使う。ベイトではバックラッシュといって、糸がごちゃごちゃに絡まるトラブルが起きる。だがスピンキャストは構造がスピニングに近いのでバックラッシュしない。簡単に使える。
 そういうわけで初心者向けに売られている。ベイトもスピニングも高級機は7万円とかするが、スピンキャストは安いと1000円、高くても2万円以下。上級者向け高級機はない。子供用を除けば、日本では一部の物好きしか使ってないマイナーな存在だ。基本的にスピニングが使えればいらないもので、構造上ギア比が低く、重い。
 スピンキャストのトップブランドはゼブコ。アメリカのメーカーだ。ゼブコにはいくつものモデルがある。オメガは上位機種。それでも90ドル。下にデルタとかある。上にバレットMGという140ドルのモデルがあるが、なんか知らんけどバスプロショップでの評価が低いのでやめた。
 そう、アメリカで売ってるのだ。買うのに障壁がある。どうしたもんかなと思ってたが、輸入販売してる業者を見つけた。オメガ プロが税込1万4900円。日本で買える! 買っちゃおう! てなわけでここにある。
 ここにあるがシーズンオフだ。スピンキャストリール+ベイトフィネスロッドの組み合わせは、スピニングタックルの代わりになるのか? 結論は数ヵ月後に。
 
 ちなみに導入を考えるきっかけになったのはこの方のYouTube、買ったのは竹屋釣具店。どちらも見ればリールの詳細がわかる。
 
*後編はこちら

ウンデッドザラII

wounded zara II
 ここは誰も見てないので好きにやることにした。
 一応基本的なことを書いておく。このルアーはスイッシャーというタイプで、プロペラの回転による水音や振動、フラッシングで魚を誘うものだ。
 メーカーはヘドン。ヘドンにはザラというペンシルベイトがある。ペンシルベイトはお尻を少し沈めて斜めに浮き、アクションを加えると水面を左右にスライドするものだ。ザラゴッサ、オリジナルザラスプーク、ザラIIなどがある。
 
 さて本題。ウンデッド(wounded=傷ついた)の付くヘドンのルアーにはいくつかある。
 古くは木製で若干くねっとしたダブルスイッシャー、S.O.S.ウンデッドミノーがある。死にかけなので横倒しのボディーになっている。
 そしてザラIIに似たボディーで、後にはザラIIボディーを流用したダブルスイッシャー、ウンデッドスプークが出る。
 さらにオリジナルザラスプークのボディーを流用したダブルスイッシャー、ウンデッドザラスプークもある。
 そんでもって今回買ったのは、ザラIIボディーを前後逆に流用したシングルスイッシャーだ。パッケージには「ZARA SPOOK」としか書いておらず、本体には「Zara II」とだけプリントされている。ザラスプークもザラIIもペンシルベイトで、スイッシャーではない。なんだかよくわからない。通称はウンデッドザラIIだ。なぜかこのルアーだけ白目部分(赤い)が細長い。
 ヘドンにはトーピードというシングルスイッシャーがある。名前どおり魚雷型をしている。ダブルスイッシャーは前後にプロペラが付いている。シングルスイッシャーは後だけ。単純に考えてダブルの方が優れている。シングルに期待するのはダブルにできない首振りだ。トーピードはやや尻を沈めて浮くので、ペンシルベイトのように首を振りそうだが、振らない。トゥイッチしてもおじぎするだけだ。他社製のシングルスイッシャーも試すが、なかなかうまく首を振ってくれるものがない。そんななかYouTubeで「首振りが得意」というコメントを見たのが、このウンデッドザラII。ヤフオクで探して買った。
 トップウォーターはシーズンオフで、もう釣りに行けないが、お風呂テストで首を振ってくれた。アクションを付けるのは近距離だと難しいのだが、お風呂で振れば大丈夫だ。来シーズンから活躍してもらおう。