マイクロフォーサーズの良し悪し

OM-D E-M1 Mark II
 私の使ってるカメラはオリンパス OM-D E-M1 Mark IIでして、これにM.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PROが付けっぱなしになっとります。上の写真がその状態だけど、なんか散らかっててごめんなさい。
 あと12-40mm F2.8 PROと、40-150mm F4.0-5.6 Rがあって、24-300ミリ相当をカバーしてる。
 40-150は滅多に使わないので安レンズで済ましてるけど、メインの2本はプロレンズ。防塵防滴・静音で、作りの良い金属鏡胴。12-40/2.8は、大三元の中核をなすレンズとしては安価で小型軽量だ。これがまず、マイクロフォーサーズのいいとこ。
 17/1.2はいささか微妙だ。これだけの大口径レンズなら、それなりのお値段になるものだし、フルサイズじゃこんな大きさに収まらない。開放から使えて、近接ではとろけるようなボケが味わえる良いレンズだ。だがしかし。確かにハイスピードではあるが、ボケの大きさで言えばフルサイズのF2.4相当である。馴染みのいい近似値でF2.8。フルサイズで35/2.8なんてのは小型軽量で安価だ。例えばソニーのSonnar T* FE 35mm F2.8 ZAは値段もぐっとお安く、120グラムしかない。たかだかF2.4相当のボケを得るために、マイクロフォーサーズでは13万の投資と390グラムが要るわけだ。E-M1 Mark IIのボディー重量574グラム+レンズ390グラムで964グラム。α7 IIIだと、ボディー650グラム+レンズ120グラムで770グラム。なんとフルサイズの方が軽い。いやまあ単純に比べられるものではないけども。ボカしたいという欲求に応えられず、なんとかしようとすると高価で小型軽量でなくなってしまうのがマイクロフォーサーズの欠点。12-40/2.8も、ハイスピードなのはフルサイズと同等でも、ボケは同等じゃない。
 ただし、いつもボカしたいわけじゃない。こないだ、昔フィルムの一眼レフを使い出した頃の写真を見ていたら、なんだか知らんけど異様にピントが浅かった。初心者だったし、ISO 100のリバーサルで撮ってたせいもあるかもしれんが、なんでもっと絞らんの?ってのが多かった。あー、フルサイズのピントって浅いんだなーと改めて思ったりもした。特にスナップ用途では、パンフォーカス気味の方がありがたい場合も多い。そういう面では被写界深度が深いことは、必ずしも欠点ではない。
 センサーが小さいので高感度特性が悪い。
 だが、近接撮影には強い。普通マクロレンズは被写体が撮像面に実物大で写るが、マイクロフォーサーズはセンサーが小さいのでこの場合2倍の大きさで写る。この特性のおかげで、12-40/2.8は0.6倍、17/1.2は0.3倍の最大撮影倍率を誇る。寄れるレンズは使いやすい。
 フォーマットが4:3である。これは利点だと思っている。他社はフィルムの因習を引きずって3:2にしているが長すぎる。プリントしても長辺が切れる。実際、戦後すぐに3:2のライカ判は長すぎるのでパーフォレーション(フィルムの上下に開いている四角い穴)1個分縮めたニホン判が提唱されたことがあった。しかしアメリカのスライドマウントとサイズが合わないとして却下された経緯がある。3:2は映画用フィルムの2コマ分であって、大昔にライカが決めたものだ。これにこだわる必要はない。4:3の方が合理的だ。
 ボディー。私はオリンパスしか知らない。他社のデジタル一眼を使ったことがない。
 まずデザイン。E-M5、E-M10あたりはフィルム時代のOMの印象を濃く残し、スタイリッシュに仕上がっている。しかし、E-M1は機能と操作性を優先したらこうなっちゃいました的なデザインで格好付ける余裕がなくなってる。初代E-M1は両肩が下がったデザインだったが、Mark IIではホールディング性をよくするためにグリップが大きくなり非対称になってしまった。この実用本位のデザインが好きだ。ちょっと不細工。でもかっこいい。
 操作性。2×2ダイヤルコントロールが使いやすい。レバーの切り替えで前後ダイヤルの機能が変更できる(ただ、キヤノンなんかはダイヤルが多いんで、切り替えなくても各機能をアサインできるのかもしれない)。ドライブモード、測光モードの切り替えなんかも直感的でわかりやすい。
 強力な手ブレ補正。キヤノンに負けてしまったが。
 超音波ダストリダクション。このおかげでレンズ交換に気を遣わずに済む。
 マグネシウム合金製ボディーは剛性感が高く、所持していて充実感がある。Mark IIは約10万で買った。Mark IIIは現在24万程度だ。値段ぶんの質感は十分にある。
 総じて、マイクロフォーサーズは高品位・高性能なボディー・レンズが、比較的安価に、小型軽量で揃うシステムである。ただし、ボカそうと思わなければ。
 あとマイクロフォーサーズの利点によく挙げられるのは、望遠レンズがコンパクトなこと。なのだが、望遠は個人的に使わないんでなんとも言えない。
 ボケを活かすことも含めて、いろんな撮影に本格的に取り組んでみたいと思うなら、最初からフルサイズを買った方がいい。マイクロフォーサーズやAPS-Cではもの足りなくなる。
 デカいカメラを買っても結局持ち歩かなくなるとかいう場合は、E-M10、E-M5はいい選択になると思う。
 マイクロフォーサーズに骨を埋めようという人だけがE-M1を買えばいいと思う。埋められる場がいつまであるのかわからないが。

フルサイズを買うとしたら何がいいか

 買う予定もないのにあれこれ調べておった。
 
 本来の標準レンズに近い40ミリが好きなので、ツァイスのBatis 2/40が使いたかったのだが、調べてみると、近接で勝手に絞られてExifには反映しない謎仕様になってるらしく、ボケも少しうるさい感じで候補から外れた。シグマの40ミリはデカすぎる。
 
 40ミリを使わないとなると、35ミリが常用レンズになる。ニコン、ソニー、キヤノンからは35/1.8という調度いい感じのが出ている。
 1番高いのがニコン。Sラインレンズで防塵防滴、描写も期待できそう。レビューを見てもまずまずみたい。
 ソニーはニコンよりかなり安い。Gレンズではなく、防塵防滴に「考慮した」設計らしい。評判はいいようだが、作例を見るとボケが若干うるさいように思える。なお、ソニーにはツァイスのF2.8と1.4もある。
 さらにもうちょっと安いのがキヤノンで、当然Lレンズではなく、防塵防滴でもない。しかし、なんといってもこのレンズ、ハーフマクロまで寄れるのだ。常用レンズでマクロはうれしい。評判は良く、作例を見た感じも問題ない。ただ、未補正の周辺光量落ちが途方もない大きさらしい。困ったことだが、まあ補正されるので許容できるか。
 
 単焦点1本だけでは不安なので標準ズームも買いたい。F2.8は価格と重さがつらい。F4で精一杯。
 ニコンの24-70はSラインで500グラム。比較的軽くてよい。
 ソニーはツァイスの24-70が426グラム。これは軽いが寄れない。Gレンズの24-105が663グラム。
 キヤノンのLレンズ24-105は700グラムと重い上に寄れない。しかし、キットレンズとして用意されてるRF24-105mm F4-7.1 IS STMは395グラムと軽量で、最大撮影倍率が通常時0.4倍、「センターフォーカスマクロ」という特殊なモードでこれまたハーフマクロまで寄れてしまう。安くて暗いズームだが性能は問題ないらしい。これでいいじゃんという気がする。
 
 メーカーごとの特色を見てみる。
 ニコンはマウントが最も大きくフランジバックが短いのでレンズ設計上有利だ。ここんとこ会社の調子がよろしくないので若干不安ではある。
 ソニーのマウントは小口径で不利。ただフルサイズミラーレスの先駆であり、マウントの仕様が公開されているのでレンズのラインナップが豊富だ。
 キヤノンのマウントはほかよりフランジバックが長いが問題はないだろう。手ブレ補正が強力(ボディー側に内蔵してない機種もある)。
 デザインはまあ、個人的には各社ともに悪くないが積極的に好きにもなれない感じ。
 
 35/1.8と標準ズームの組み合わせは、ニコンが無難な気がする。が、ニコンの現状のレンズラインナップ全体にも言えることだが、おもしろみがない。
 その点、キヤノンは使って楽しそう。というわけでキヤノンが良さげ。R5は高いしオーバースペックだからR6ということになる。
 
 R6はR5の廉価版であり、プラボディーだ。35/1.8もズームも普及クラス。
 一方、今使っているオリンパスOM-D E-M1 Mark IIは、ボディーは上位クラスのマグネシウム合金製だし、17/1.2もF2.8の標準ズームも高品位なプロレンズだ。それでいて小型軽量。やっぱ、いいシステムだよマイクロフォーサーズは。と、思った。
 
*追記
 Batis 2/40のレビューがベタ褒め。ここまで褒められてると欲しくなってしまう。近接で勝手に絞られる謎仕様は気持ち悪いが、どうせ近接では普通絞るだろう。ボケが少しうるさく感じるが、主用途はスナップなのでボケを活かす撮影は少なく、ならば絞ったときの解像度を優先した方がいいのではないか。40ミリを使いたい俺的にはやっぱりこれだろう。
 さらに標準ズーム、タムロン 28-75mm F/2.8 DiIII RXD (Model:A036)の存在を今さらながら知った。広角側が24ミリでないのはもの足りないが、F2.8通しでこの値段、この軽さはあまりに魅力的。
 これはソニーがいいかな。いや、買わないんすけどね。

M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R

 オリンパスがカメラメーカーでなくなってしまう前に、必要なものがあれば、オリンパスのロゴ入りで買いたい。と、思ったんだけども、必要なものは別になかった。今、必要ではないけど、ひょっとしたらいるかもなーってものに、望遠レンズがある。以前は28-300ミリ相当の便利ズームを持っていたんだけど、画質の悪さにがっかりして、ちょっとこれは常用する気になれないなーと思ったのと、結局望遠使わなかったので売ってしまった。しまったけど、ちょっと後悔している。
 そんでアマゾンで見つけたのがこれなんだけど異常に安い。モノとしては80-300相当の望遠ズーム。Wズームキットとかに付いてるヤツですわね。マウントもプラスチックで。お子さんの運動会とか撮るの。これ、価格.comで見ると3万円5000円とかするんですよ。それがアマゾンだと執筆時1万2800円。さらに並行輸入品だと9980円と中古並の安さ。調べてみるとどうもキットばらしみたい。だとしたら一度開封してるので新品じゃなく新同品になるという話もあるが、そこまで厳密でもないのだろう。
 まあともかく安い。望遠使わないんだけど、こんだけ安けりゃ持っててもいいんじゃなかろうか? 動物園行ったときとか(行く予定なし)、寺社仏閣の屋根の方の飾り物を撮るとか(行く予定なし)、人気コスプレイヤーの囲みに混ざるとか(行く予定なし)、なんか、なんかに使えるのでは? 190gと小型軽量。気軽に持ち出せる。これがF2.8プロレンズになると、重いから持ってかないしね。買えないしね。
 
 しばらく悩んで結局買いましたよ。本体が安いだけに別売りのフードが3430円はどうなのよって気がするが、これも購入。
 本当に小さいし軽い。マイクロフォーサーズならでは。フード付けた状態で全長が17/1.2と変わらない。外観は安っぽく、華奢な感じがしてちょっと怖い。
 肝心の写り。「キットレンズは下手なもの付けられないからC/Pがいい」という人がいるが本当なのか。
 手放した便利ズームM.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6は描写が大雑把でなんかイヤな印象だったが、今度の40-150mm F4.0-5.6 Rは素直な写り。
ワイド端
 なんでもない写真ですみませんが、葉っぱとか写ってた方が解像感わかるかと思って。まずワイド端。右側の塔?にピントを合わせた。等倍で見ると塔の輪郭に色収差が出てる(クリックで拡大)。この写真ではないが、画面隅の電線にパープルフリンジが出ることもあった。
テレ端
 テレ端。上の写真の左下をズームしたもの。「ここはあぶない!」の看板が読めるけどハレーションが出ているような甘さがある。一方、その危険地帯に突入するおじさんの帽子の質感は出てる。
ハト
 ほぼテレ端。等倍で羽のディティールを見てもらえば、どのくらいの解像度かわかりやすいのでは。
 総じて、3万円クラスのレンズとしてはアリだなと思った。かてて加えてこの値段ならお買い得!

オリンパス、映像事業を譲渡

OLYMPUS
 オリンパスの話は何度もしているので、まあ改めて言うこともないかなと。でもなんかは書いておくかなと。上の写真はOM-2で撮ったもの。
 
 さようならオリンパス、夢をありがとうというEngadget日本版の記事がよくまとまってる。
 ただ、トップにO-Productを持ってきてるのは気に入らない。このカメラのデザインは機能と関係がない。限定生産だからできた遊びなんですよ。いかにもバブル臭い代物で、あたしゃ嫌いです。確かにキャッチーかもしれないけど、これに触れるくらいなら初代μを紹介してほしかった。
 「最後には天才設計者と言われた米谷 美久氏の知産に寄りかかりすぎて倒れてしまった感があるのは、実に残念です」とあるが、米谷氏に関連した文句は私も言ってて、これです。で、米谷氏というのはこういう人です。
 
 ほんで今後だけど、しばらくの間はオリンパスブランドで出るけど、その後なんか別のブランド名になると(Takachihoとかになればいいのに)。オリンパスはカメラメーカーではなくなってしまう。
 OM、PEN、ZUIKOのブランドは譲渡先で続いていき、サポートも継続するそうで。当然開発者も続投するわけだから、ブランド名が変わっても応援していきたい。
 が、実際のところ現に儲からないから売りに出された映像部門が独立してこれから黒でやっていけるのかと考えると……。いや! がんばっていただきたい! ショップの売上げランキング見るとオリンパスいつも入ってるしね。Toughシリーズも売れてるみたいだし。
 下の写真はOM-D E-M1で撮ったもの。
zuiko

オリンパス OM-D E-M1 Mark II

 買うてしまいましたがな。Mark III発売で底値になってて、購入時10万4999円。当然ボディーのみ。コロナ給付金を使い込む感じで。
 今まで使ってた無印E-M1には持病がふたつあって、ひとつは後ダイヤルが空回りすること。ふたつめはストラップ取り付け金具が外れること。このうち、ひとつめの症状がウチにも出た。
 オリンパスにはカメラ事業撤退の噂がある。撤退するとサポートもそれなりになるだろう。持病を持ったカメラを使い続けるのは不安だ。進歩の早いデジカメの世界で7年前のモデルでもある。
 そんな先行き不透明なシステムは捨てて別のメーカーのシステムに乗り換えればいいのだが、たった2本とはいえ20万円分のレンズを買っちゃってるし、フィルム時代からオリンパス好きだし、実際オリンパスは使い勝手いいと思うんですよ。カメラ事業辞めてほしくないんで、いくらかお金入れるつもりで。ならMark III買うべきなんだろうけど、貧乏で無理なんで、その辺は収入しっかりある人に頑張ってもらって。

スポティファイで聴いてほしいアルバム5選

Cartola『Verde Que Te Quero Rosa』
 サンバの大御所カルトーラ、70歳前のサードアルバム。サンバっていうと、サンバホイッスルがピーピピ鳴ってやたらアッパーなのか、マツケンサンバみたいなのしか浮かばない人も多いと思うが、そんな人にこそ聴いてほしい。サンバってそうじゃなくて、こういうのなんですよ。
 
アート・リンゼイ『Prize』
 アート・リンゼイっていうとギターがギャギャギャとノイズを奏でボーカルは絶叫、みたいのしか浮かばない人も多いと思うが、そればっかりじゃないんですよ。聴けば聴くほど味わい深いスルメアルバムなのでぜひ。
 
湯川潮音『灰色とわたし』
 インディーズ時代の『逆上がりの国』が1番好きなんだけどスポティファイにないので、次点のこれを。
 
Keith Leblanc『Major Malfunction』
 キース・ルブランと80年代後半のもろもろというエントリーで紹介したアルバムが、まるっと聴けます。
 
スーパー戦隊シリーズテーマソングコレクションVol.8
 これは聴いてほしいというか、お好きな方には嬉しいアレで。
 俺の主張を聴けという「俺の歌」が一方にあって、コミュニティーの歌である「みんなの歌」がもう一方にある。
 アニソン・特ソンもわりと「みんなの歌」で。少なくとも観てた世代が繋がれる。大事なものだと思うんですよ。
 まあでも、もともと曲自体を聴く傾向があるので、つまんない曲はつまんないと思うんで、作品の人気が高ければアニソンの人気も高いのが納得いかなくてもやもやすることもある。例えば『残酷な天使のテーゼ』が私は嫌いなんですよ。あと、なんか普通のJ-Popで全然アニソンじゃないのもありますな。
 大体のアニソン・特ソンは、ちゃんと曲作れる人が作って、ちゃんと歌える人が歌って、クオリティー保ってる。サブスクでも聴きやすいかたちに整理してどんどん上げてくれるといいんだけど。と、いう意味で入れてみました。

お客様は素人です

 ローソンPBのデザインがこじゃれててわかりにくいと不評だ。俺も実際店頭で見てなんだこれと思った。「客の立場から」文句を言うのは全然いい。逆に絶賛したければしてもいい。
 しかし我々はコンビニの運営に関わっていないし、デザイナーでもない。その道のプロではない。
 プロはそれを成し遂げるノウハウを持っている。経験の蓄積がある。実際にメシを食っている。
 そのプロに対して「作り手・送り手の立場から」文句を言うのはまるで意味がない。「あなたはこうすべきだった」とか、「わたしならこうする」とかだ。
 立場を逆にして考えてみればいい。自分はなにか仕事をしている。その仕事をまったくしたことがない人からの、作り手の側に立ったアドバイスに、耳を傾ける気になるか。「じゃあ、お前がやってみろよ」で終わりだ。
 今回のローソンに関して、仮に失敗だったとしても、マーケティングについて、ただの客の俺よりもローソンの人間の方がはるかに詳しいし、デザインに関しても俺より佐藤氏の方がはるかに詳しい。知識があるだけじゃなく、かたちにする力がある。どちらに関しても向こうがプロ、こちらは素人、当たり前だ。
 作り手・送り手は、作り出し、送り出すための手段を知っている。しかし受け手ではない。受け手がどう捕らえるか、経験上ある程度予測がついても、完全にはわからない。受け手の立場に立って考えてるつもりでもバイアスがかかったり、自分の趣味が出てしまったりする。「客の立場から」の意見は貴重だ。だから雑誌にアンケートハガキが付いている。我々が言うべきことは、「作り手の立場に立った客観的な」意見なんかじゃなく、個々の受け手の意見だ。「俺は、客のひとりとして、こう受け止めた」ということだ。
 これは何に対しても同じだ。