50ミリ標準レンズの誤解と40ミリ

 フルサイズの標準レンズは50ミリとされている。
 標準レンズというのは、撮像面対角の長さと同等の焦点距離を持つレンズのこと。人間の肉眼に近い、自然なパースペクティブが得られるとされる。
 でも、フルサイズ=35フィルムの対角は43ミリなんですよ。50ミリはわずかに望遠になる。35ミリフィルムカメラの標準レンズが50ミリになったのは、35ミリカメラの元祖といえるライカが50ミリを標準としたから。何故か。焦点距離がちょっとでも長い方がレンズが作りやすかったから。キリがいいからというのもあったかもしれんが。 
 他社はそれに倣った。特に日本のメーカーをはじめ、ライカコピーを作ってる場合は互換性の面で合わせる必要があった。ユーザーも50ミリに慣れた。一眼レフの時代に入って互換性が関係なくなっても、やっぱり50ミリを標準とし続けた。
 
 50ミリは見たまんまが撮れるというが、肉眼より画角が狭い。極端に言えば中望遠。街角スナップなんかしてみると、引けなくて困ることがある。
 日本の街は道が狭いから広角気味の方が撮りやすい。広角をトリミングして望遠にすることはできるが、逆はできない。だから35ミリレンズを常用する人は多い。俺も35ミリを常用している。広角レンズはパースペクティブを活かした絵作りをするもんだが、35ミリ程度だとダイナミックな絵にはならない。「準広角」とかいわれ、広角レンズというより標準レンズの仲間とされる。50ミリは7ミリ長いだけだが、35ミリだって8ミリ短いだけだ。
 でもやっぱり標準よりちょっと広角なので、「あ、今見てる景色撮ろう」と思ってファインダー覗くと広く写ってて、前に出なきゃいけない。

 ズームレンズを常用していて、新しくなにか1本単焦点をって考えてる人には確かに50ミリはいい選択だと思う。焦点距離が長い分、ボケるから。
 でも単焦点の方を常用したいなら50ミリは勧めない。狭っ苦しく感じるシーンが多いから。
 
 50ミリと35ミリの中間の画角である40ミリレンズというものがある。本来の標準よりほんのちょっとだけ広角で、非常に使いやすい。この辺のことはコニカTC-Xに関するエントリーで書いたことがある。何故か40〜45ミリレンズは薄型のものが多い。最近のキヤノンのもそう。40ミリは気軽に使うレンズとされた。本来の標準に近いのに、どういうわけか、ある種キワモノ扱い。俺は40ミリが好きなので釈然としないものがあった。
 
 やっとこ本題ですが、出ますね。本気の40ミリ。シグマのF1.4ツァイスのF2。シグマの方はデカすぎる感があって、格好もよくブランドものでもあるツァイスに惹かれているのだが、まあ強烈に欲しいっすね。
 フルサイズミラーレス買うなら素性のいいニコンがいいなと思ってるんだけど、Batis 2/40のためにソニーが欲しいっすね。買えないっすけどね。

コメントを残す