About ふじり

1965年生まれ・男

OM SYSTEM OM-1

 出た。Wowカメラ。
 なんか今までの不満点を解消してくれそうなスペック。そして旧OMの意思は引き継ぎつつ、モノマネとは決別する意思を見せつけるようなデザイン。欲しいなあ。
 27万円かー。少なくともこの値段の今は買えないっすね。つーか、今使ってるOM-D E-M1 Mk IIは買って2年くらいで500回もシャッターを切っておらず、OM-1の新機能も静物スナップがメインの俺にはいらないもので、買う必要は全然ないのだが、欲しいもんは欲しいよなあ。俺は写真が好きというよりカメラが好きなんだ。

M.ZUIKO DIGITAL ED 20mm F1.4 PROを買わなかった

 換算40ミリが好きだとしつこく言ってまして、OMDSから20/1.4が出たので、発売日の12月10日、マップカメラに注文した。が、品薄で1ヵ月以上たっても届かず。
 その間、こんなレビューこんなレビューがあって、こりゃダメっぽいなあと、悪いけどキャンセルさせてもらった。
 と、まあ、実際に買って使って良くなかったという話じゃないんで、その辺はアレなんですけども。
 ズームレンズにも劣る周辺の描写とか言われると、標準ズームを20ミリで使った方がいいんじゃないかと。開放は2.8になっちゃうけど、普段だいたい5.6で撮ってるし。12-40/2.8はハーフマクロ以上に寄れる利点があり、当たり前だけどズームもできる。
 今のメインレンズは17/1.2で、画質はいいがスナップには少々大きすぎるんだよね。威圧感がある。
 それでサブにパナの20/1.7を買った。これは小さくて良いが、AFが遅くてC-AFも使えない。フードが用意されてないのもマイナスポイント。
 メインだサブだと言っても、近い焦点距離のレンズ2本、同時に持っていって付け替えて使うわけもなく、なんとなーくその日の気分でどっちか使う感じ。
 だから今度出た20/1.4には期待したんだけどなあ。付けっぱなしにできると。んー、残念。なんでこんな設計にしちゃったんだろう。

ドラゴンクエストXI S その後

 前に攻略本いらずですいすい進むと書いたんですが、それは一応のエンディングまでで、その後は攻略順序の自由度が増えつつ、どこへ行ってもかなり高いレベルを求められますな。レベル上げ必須で結構ハード。これはこれで楽しいが、いつ終わるんだか果てしない感じ。
 
*追記
 レベル上げにいい場所を見つけた。ナプガーナ密林・中央の高台。ケトスで黒い太陽に向かう途中にあるのでわかりやすい。ここの沼地みたいなところを駆け回ってマドハンド・邪をおびき出して倒す。たまにメタルハンドを連れてくるのでおいしい。メタル系討伐にはカミュの会心必中があると心強い。
 
*さらに追記
 裏ボスを倒した。150時間。すんごいおもしろかった。

真空断熱ボトルMMZ-K035

 屋外の作業がメインなもんで、夏暑く冬寒い。夏はラーケンのボトルふたつ持って行っている(ラーケンは、1L、0.6L、絶版の0.35Lの3本を持っている。夏は1と0.6)。
 冬は量は必要ないが、暖を取りたい。だもんで保温性のあるボトルを買うた。タイガーのMMZ-K035XM
 この水筒のいいとこは、170gと軽いこと、そしてパーツが本体・フタ・パッキンの3つしかないこと。メンテナンスが楽。象印にはパッキン一体化モデルがあり、そっちの方がより楽だろうけど、潔癖症にはパッキンが分離できた方がいいと思う。この辺は好みの問題か。
 アマゾンのレビュー見ると、漏れるという人がいて、個体差があるのかもだが、逆さにして振っても漏れない。あと、すぐ壊れるという人がいるが、軽量化とトレードオフで耐久性は落ちてるだろう。気を付けて使わなきゃ。
 朝6時前に入れた熱々のお茶が、昼の3時にはぬるくなってる。まあ保温性能はどこも同じようなもんでしょう。
 カラーはマットステンレスを選んだ。美しいですね。銀地にヘアラインが映えてかっこよく、タイガーの可愛いロゴが浮いて見えるほど。塗装が剥げる問題もなさそう。

ドラゴンクエストXI S

 ドラクエIIIは昔のゲームなのでボリュームがなく、2周してもすぐに終わってしまった。まだドラクエやりたーいって気持ちを満足させるため買わないつもりだったXI Sを購入。新価格とかで安くなってんのね。
 なんで買わないつもりだったかっていうと、最近のゲームはボリュームがあり演出も豊かなので、仕事しながらやるのが難しそうだったから。実際は手軽にプレイできるよう配慮されてたが、それでも1日1時間とかのプレイだとしんどい。
 でもねー、やっぱりおもしろいですねー。最初はやらされてる感、お使い感が強くてなんだかなーと思ったけど、進めるほどにおもしろくなってくる。
 それにしても親切だね。雑にプレイしても攻略本いらないくらいだし、レベルもどんどん上がるし、お金に困ることもほぼなくて、すいすい進む。そんでもって3Dだし、キャラはしゃべるし、こないだまでやってたIIIとはだいぶ違うが、どちらも良し。
 セーニャいいですな。おどりこスタイルがエロくて。

ドラゴンクエストIII

 Switch版を買うた。
 ドラクエ最初にやったのは、34年前に務めてた小さなデザイン事務所だった。ファミコン置いてて、ヒマなときはみんなで遊んでた。ドラクエI、IIはここでクリアしたんだけど、AD(社長)の人は教え方が下手だった。核心には触れずうまいことヒント出すタイプじゃなく、ぼんぼんネタバレしてくる。横で見てて、先しゃべっちゃうのね。だからI、IIは自分でクリアした感が薄くて。でもおもしろかった。
 だもんでIIIが出るのに合わせて会社辞めて、ファミコン買って、発売日前夜は友達のバイクに乗せてもらって新宿に並びに行って、帰って来るなり部屋でテーマ曲響かせて。ゆっくり楽しんだ。それからMSXも買って、1年くらい仕事せずにゲームやらパソ通やら簡単なプログラム組んだりして遊んでた。
 そしたら親から呼び出し食らって、ええ加減にせえよと。遊ばせるために仕送り送っとるんやないぞと。ごもっもなので仕事探して、パソコン誌のデザイナーになった。
 なんか話ずれたけど、ドラクエIIIは初めて自力で解いたRPGであり、思い入れも深い。
 のだが、30年以上たって改めて遊んでみると、まったく覚えてませんな。そんで30年以上前のゲームを今やっておもしろいのか疑問だったが、これがもう、やめられん。麻薬。社会人には危険。クリアまではたっぷり時間かかるのだけど、気が急いてしゃあない。気持ちのリソースを持ってかれる。遊んでなくても寝られない。その辺抑えながら、うまく付き合ってかなきゃなんない感じ。

東雲うみというグラドル

 Gカップバストと大きめヒップの「二刀流」を自称するグラビアアイドル。もとOLで、現在25歳。
 趣味はガンプラ。ガンダムじゃないけどYouTubeのこの辺とか観ると本格的にモデラーなんだなと思う。執筆時点で200万再生越え。これらの動画観てると、おっとり育ち良さそうな感じ。メガネが似合って知的でもあり。
 ほんでイメージビデオ見てみると、結構攻めておられる。変態みたいな下着で棒アイスを丹念に舐めたり、金のビキニで剃り跡くっきりの股間を見せつけたり。
 ルックス的にはちょっとゴツいですね。そのおかげでかっこいいポーズが決まるというのもあるんだけどゴリっぽいというか。俺はタヌキっぽいのが好きなので、もうちょっと表情にも輪郭にも丸みがほしいってのはある。
 篠崎愛が活動を大幅縮小したあと、これっていうグラドルがいなかったんだけども、うみさんはキャラ込みでおもしろいっすね。