M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PRO買ったのだが

 スナップ用途には大げさだったかなあという後悔が若干。
 左が今回買った17/1.2、右はOM-D E-M1のキットレンズ12-40/2.8。12-40/2.8は使い慣れてて、同じくらいの大きさなら問題ないと思ってたら、17ミリの方は本体が3ミリ長い上にフードが深くて1センチくらい大きい。この1センチ強の差が意外と大きかった。肩に提げて歩くときもぶつけないように気を遣う。慣れの問題かもしれないが。あと、デカいレンズは威圧感あってスナップ向きじゃない。
 これで写りが良ければしょうがないと思えるんだけど、17/1.8と比べて値段も大きさも倍以上するにも関わらず、解像感はあんまり変わんないんじゃない?的な。まあ描写傾向が違うので一概には比べられないんだけど。
 F1.2のボケを得たければ、これ以外に選択肢はなく(コシナのF0.95もあるがMFだし)、買うしかなかったのだけど、もうちょっとはっきり「いいレンズだ!」って写りをして欲しかったなあ。ボケ自体は宣伝どおりきれいなんだけどね。
 
※追記
 なんかレビューではベタ褒めされています。「オリンパス17mm F1.2 PROは驚きの光学性能」
 さらにはカメラグランプリ2018 レンズ賞を受賞。いいレンズであることは間違いなのでしょう。
 でもなあ。撮った感じそうは思えないんだよなあ。色収差目立つし。例えばこれ。金網がピンクに見えるでしょう。本当はグレーなんだよね。パープルフリンジみたいなのが出てピンクになってる。もしかしてハズレ個体を引いたのかなあ。

コメントを残す