皆様の歌

■東京国立近代美術館に行った。『わたしいまめまいしたわ 現代美術にみる自己と他者』ってタイトルで、なんか学生が考えたみたいな企画だけど、行ったらそれなりかなと思ったら、やっぱ見てるうちにだんだん腹立ってきた。
 牛腸茂雄『SELF AND OTHERS』を全部展示してて、牛腸茂雄は良い悪いは知らんけど、どうも好きなのでこれは良かった。
 
 同じようなことを何度も書きますけども、気になってるのは自意識過剰。
 歌謡曲は皆様のために先生が曲を書き、皆様のスターが歌った。対して「アーティスト」は自分の歌を歌う。ロッカーなんかは特に「俺がギター持っていっちょやるから見れ」ってことで、演劇的要素が強い分音楽じゃない。そんで「着いてこれるヤツだけ着いてくればいい」。皆様のためにはやってないかもしれない。俺様の歌。
 先生が与えてくれるなんてのは、上から目線でもあるので、若者は反発しだす。皆様の歌は俺の歌じゃない。「俺」を託せる俺的なスターの振る舞いを「俺のもの」とする。「俺様の歌」が俺の歌。
 パンクやDTMは端的に、ヘタでも「俺の作品」が出せる状況を作った。タレント(才能)がなくてもスターへの道がある。自分にもやれそうなことをやってる人間が「俺のスター」になる。
 昔『少年スケベマンガ』というサイトで引用した、教育評論家“カバゴン”こと阿部進による『ハレンチ学園』1巻の解説をまた引用する。

 いままでの手塚、石森、白土、ちばてつや、さいとうたかおといった人たちは「いまの子供たちは何をどう好むのか」「どんなものを描けば子供たちは共感してくれるのだろうか」と、いわばおとな側が、子どもたちにマンガを描きあたえる立場であったわけです。
 永井豪は、その受け手の子どもが育って、「子どもはこういうマンガが気にいっているんだ」「読みたいのだ、見たいのだ……」という立場をもって現われた最初の人だといってよいでしょう。(仲間としてはジョージ・秋山が入ります。)
手塚、白土、石森といった作品は、多少の抵抗があっても、おとなにも理解できるものです。時間がたてば「ハアアン、こういうもんだったのかい」というものです。
 ところが永井豪えがく一連の作品、とりわけ「ハレンチ学園」は「わかるやつにはわかるが、わからないヤツにはまったくダメ。時間がたっても変化なし」というマンガなのです。別のいい方で言うと、
「子どもには、一度みたらわすれない、一度読んだらわすれないホイ」といった子どもたちだけに通じるものなのです。そこにはおとなたちに対する、子どもたちの論理が一本ビシッとつらぬいています。
 徹底的に子どもたちのものの見方、考え方の姿勢の上で物語を展開しています。
 おとなたちから、どんなに変な目で見られようと、否定されようと、子どもたちの間に、深く広くひろがっていく強さは、まさに、「子どもによる、子どもの、子どものためのマンガ」の誕生であることを知らせています。
 もし、おとなの人たちがこれをみて「フン、こういうのがいいのかねえ」としたり顔や、わかろうとする努力はしないことです。「くだらん、とんでもないマンガだ」とカッカカッカ怒ってください。
 読者である子どもたちは、自分が否定されたと受け取り、いっしょうけんめいこのマンガを弁護するでしょう。そこでより一層永井豪とはいかなるものかが浮き彫りにされる…わたしはそれが楽しみです。

 そう言えば『ハレンチ学園』復刻されてるみたいなんで、興味ある人は売ってるうちにどうぞ。
 カバゴンの文章は単語を置換すれば、若者が支持するものに大体当てはまる。カッカカッカ怒られてナンボのものを好むことで「俺たちの」感を強める。熱く弁護するとこまでが、あらかじめセットになってる。そういうのを時代時代で繰り返してるだけ。『ハレンチ学園』の時代には、硬直した現体制とかメインカルチャーに対して風穴を開ける意義が期待されただろう。けど、もはやメインもわからない状態に拡散していて、今の「俺たちの感」にはさらに拡散して壁を固める意味しかない。風なんか通らない。
 「趣味、自分」がデフォルトで、お互い相容れないが、「趣味、自分」自体は共通してるからそこで繋がるってのは気持ち悪い。かつてt.A.T.u.が流行ったときに書いたが、男の自意識過剰は受け入れられないが、女の子のそれだけは男女双方から受け入れられる。「大人」「今の世の中」のカウンター、つまり端的な「若者」でいられるのが「少女」で、だから「自分は外れてる」と思ってる連中は、男女問わず少女に仮託する。これを利用する少女もいるが、基本的に不幸だ。
 オタは萌え以降のマンガを「俺たちのマンガ」と思い、少女に仮託し、硬くする。オタ以外もガールポップに仮託し、硬くする。少女はそんなふうに消費される。ガーリーとかはもういいっす。
 アーティストに自意識過剰は付き物かもしれんが閉じてちゃかなわん。絵にしろ、歌にしろ、マンガにしろ、昔のでも今のでも、ナルシシズムが強いのはイヤだな、と思った。つきあう義理がないし。
 「自己と他者」なんてのは鬼門であって、迂闊に踏み込むべきじゃない。そんなテーマをハンパに絡めるから、作品見る上で邪魔にしかならなかった。

Les Disques Du Crépuscule

■あんまり売ってないミカドのベスト、『Mikado Forever』がいつの間にかiTS入りしてた。これ(→iTS)
 しかも『Mikado inédits』っていう知らないのもあった。これ(→iTS)。『Message de Noël』と『Carnaval』が入ってるのが嬉しい。タワレコとHMV見たらCDは置いてないみたいだったので、ダウンロード購入。
 ライナーがないから曲ごとの発表年がわからん。こちらのサイトにディスコグラフィーがあった。でも載ってない曲がある。未発表曲か? ”inédits”は“非公開”の意味らしい。まあ『Forever』未収録曲という意味合いなんだろうけど。
 ファーストシングルがジャケ込みで好きだったんだが、ベストはどっちもジャケがイマイチ。んでアナログのジャケをスキャンして4分割のを貼り合わせてみたものの、よく考えたら使い途がない。取りあえず貼っとく。
 
0812_mikado.jpg
 
 さらに、検索したらクレプスキュールの綺麗なジャケ写をどっさり上げてるとこがあった。ここミカドのジャケを比べると俺のスキャンはコントラストが低いけど、ウチの現物はこんな感じでもともと色が薄い。レコード盤は妙に分厚い。これがベルギー・クオリティー。スキャンはムダだったが、懐かしのジャケ写があれこれ見られて嬉しい。
 ミカドを手掛けたブノア・エンヌベール(Benoît Hennebert)って人のデザインが凄く好きで。最近CDが再発されたオムニバス『The Fruit Of The Original Sin』、ソフト・バーディクト『Vergessen』、アンテナ『Camino Del Sol』、ポール・ヘイグ『The Only Truth』とか、いいなあ。

中古

いいなり!あいぶれーしょん (1) (角川コミックスドラゴンJr. (KCJ110-1))中嶋ちずな『いいなり! あいぶれーしょん』1巻
 最近、寸止めマンガがいくつか話題になってて、ライトエロ好きとしては気になってるけど、この手のマンガ愛好者と、俺の好みが食い違ってるんで、ネットの評判があんまりアテにできなかったり。これはブックオフにあったんで立ち読みしたらオモロそうだったから買ってみた。
 設定が良くできてますな! むちゃむちゃな話なんだけど、「ボクら狂ってますんで」的な逃げがなくて、一応筋が通ってる。そんで合目的的に極まってる。
 
 忍法帖シリーズに、娘さんを全身性感帯に変える忍法が出てきた。術にかかると衣服が擦れただけでも大変なことになるんで、じっと耐えながら火照ってる。この娘さんを罠に使うかなんかで、「こんなの見せられたらどんな男もたまりませんよ」みたいなことを言ってたような気がする(うろ覚え)。大変エロい。山田風太郎はこの種のエロ妄想が得意なのに、いざ有事となると「犯した。」で済ませたりする。まあ、盛り上がる過程が大事ということですわな。
 あとサガノヘルマーのマンガで、なんか失敗こいたサブキャラの女の子に、罰として「いっちゃうボタン」を付けるってのがあった。アタマかどっかのボタンを押すと「いっちゃう! いっちゃう〜!」ってなるの。バカでエロい。
 このマンガのリモコンバイブは、両方を合わせた感じ。非常にエロい。
 けど、ラブ要素が気になる。少年誌には掲載できないけど、構造的には少年誌のラブコメと一緒でしょ。ヒロインのされるがままなキャラは、あまりにも性的妄想の対象に特化しすぎてる。しかも、その妄想は都合が良すぎて恥ずかしいものだ。これがエロマンガであればファンタジーも良しだが、ラブが入るとどうにも違和感が大きい。
 2巻はどうしようかなあ。
 
■タイムボカン シングル・コレクション Since 1975〜1983
 CD。これもブックオフ。これの1曲少ないの。こんなのあったんだな。個々の作品のサントラしかないと思ってた。これも絶版みたいだが。
 アニソンのCDもケチ臭いよな。クレヨン王国、おジャ魔女、プリキュアの主題歌集とかまとめてくれれば買うのにバラでしか出てない。
 今月のミュージックマガジンが歌謡曲特集で、iPodのシャッフル再生で聴いてこそ魅力と有用性は証明されると書いてるんだが、掲載された100曲をリップするのが大変なんだよな。歌手ごとのベスト買うと、いらん曲が入ってるし、コンピを複数買うと曲がダブるし。iTSで歌謡曲もアニソンも、何もかも手に入ればいいのに。
 
機動戦士ガンダム 戦士達の軌跡
 ゲームキューブのソフト。新品が投げ売りだったんで買った。始めてみたが、まともに飛ぶこともできない。これも慣れれば面白くなるそうで、要・精進。WiiでGCのゲームやるのって変な感じ。

あんずちゃん

化け猫あんずちゃん (KCデラックス)いましろたかし『化け猫あんずちゃん』読んだ。あんずちゃんは、単なるぶらぶらしてるおっさんだな。貧乏神が見えるくらいしか特殊能力もない。そんで、ネコだからたまに働くだけで許されてる。バカボンパパもぶらぶらしてるおっさんだし、こまわりくんはおっさんみたいな小学生というか、小学生やってるおっさんだし。子どもには仕事がなくても行動の制限やらしがらみがあるから、ぶらぶらしてても許されるおっさんが一番自由なのか。
 
■湯川潮音『ギンガムチェックの小鳥』をiTSで購入。YouTubeにPVあったこっちは『みんなのうた』の映像。
 
■iTunesバージョンアップしたら勝手にジャンル名を日本語にしやがりますな。シャッフル再生すると、かかった曲が“Rock”だったのが”ロック”に変わる。ジャンルでブラウズするとその曲だけ消えたみたいになるの。余計なお世話ですわ。

CD買ったり買わなかったり

FLYING SAUCER 1947ハリー細野&ザ・ワールド・シャイネス『Flying Saucer 1947』
 一発録りのカントリー&ウェスタン。『Body Snatchers』や『Sports Men』なんかもやってる。『Body Snatchers』は特設サイトでビデオが見られる。
 余技的に懐古をやってると思ってたら、ライナー読むと気楽に楽しんでるがマジというか、ここに辿り着いたというか、懐古でもあるが新しいことをやってるらしい。深いとこはわからんが、聴く方としても肩の力を抜いて楽しみたい。
 
ホベルタ・サー『Belo Estranho Dia Pra Se Ter Alegria』
 現代的にしゃきしゃきした音のサンバ。
 YouTubeにMPB4とやってるのがあった。

 
 今週の『ディアスポリス』にマリーザ・モンチの名前が出てきて、おろっと思ったので、ついでにマリーザさんの乳が気になるPV。

 
同じ星秋山奈々『同じ星』
 ボブ可愛い。タイトル曲はいいですな。特設サイトで試聴可。3曲目は坂本真綾のカバーだそうで。
 
ジョニー・ザモット『Introduces The Boogaloo Frog』
 ブーガルー。かっこいいす。
 
■メイヴィス・ステイプルが気になったけど試聴できなかったから見送り。あと、あがた森魚とマリア・ヒタも迷って見送り。

ヌードトランプ

0708_trump.jpg
 
■そう言えばこないだ買いました。こんな気の散るトランプはないだろう。
 
■HASYMO『RESCUE』をiTSで買った。なんか引っ掛かりがない曲だな。
 
■おとといピーター・バラカンっぽい人を見たが本人かどうかわからない。昨日、麻美ゆまっぽい人を見たが本人かどうかわからない。
 
■またシングルクリックがダブルクリックになる病が発症した。このマウスはやっぱダメなのかな。アマゾンのレビュー見ても誰もそんなこと言ってないな。なにかしらウチ固有の問題なのか。保証期間内だけど捨ててるだろうな、マウスの保証書なんて。

買いCD借りCD

ワイルド・マグノリアス『They Call Us Wild』
 ニューオリンズ・ファンク。1st.と2nd.の2枚組。
 
フェザークラフトチーフ・スマイリー・リックス『Feathercraft』
 今回買ったんじゃないけど、これが好きで。ワイルド・マグノリアスはR&Bだけど、リックス酋長はワールドミュージックみたい。どぶどぶと黒い。
 画質悪いけど動画あった
 最初、黒人がインディアンのチーフ(酋長)ってどういうことよ?と思ったけど、こういうことらしい。
 
シルヴェリオ・ペッソア『Cabeça Elétrica Coração Acústico』
 ノルデスチ(ブラジル北東部)もの。試聴ができなくて、ちょっと賭けだったけど、これは良かった。久保田麻琴がライナー書いてる。ノルデスチ・アトミコ Vol.1聴いたときには、その筋の方々が褒めてんのにピンと来なくて至らなさを感じた俺だけど、マグノリアスよりこっちの方が馴染み深く感じるとこまで来ましたよ先生!
 
■中古でプリンス『Parade』。高円寺Small Musicのレンタルで、ジム・オルーク『Eureka』『ジス・イズ・ミスター・トニー谷』ポップ・グループ『For How Much Longer Do We Tolerate Mass Murder?』。ジム・オルーク以外はアナログで持ってた。ポップ・グループは未だに持ってる。再発話がどっかいってしまって残念。