スピーカーを買ったのだが

TEAC 小型アンプ内蔵スピーカー(ペア) TASCAM VL-M3 VL-M3■長いわりに俺以外にはあんまり興味なさげな話です。
 パソコン用にアクティブスピーカーを買ったんですよ。ティアックのTASCAM VL-M3、7750円。レビュー数は少ないけど、おおむねいい評価。
 
 ご予算1万円以下で、そこそもまともそうで、小さいのという条件で、これと、オラソニックのTW-S7に絞った。
Olasonic USBスピーカー バスパワー 10W+10W TW-S7(W) オラソニックの方は見た目が可愛いし音も良さげなんだけど、ボリュームが付いてなくてパソコン側で最小にしてもうるさく感じるときがあるとか、無音時にホワイトノイズが聞こえるとかレビューにありまして、オーソドックスなティアックにしたわけです。

 届いてみると、小さいながらしっかりした木製キャビネットに、大型スピーカーと同じスイッチや端子が付いている。さすがオーディオメーカー製。で、繋いで、音出してびっくり。いやー、いかにも小さいスピーカーのキンキンしたバランス悪い痩せた音ですよ。ここまでちゃんと作ってなんでこんな音なのか、逆に驚く。

 これまで使ってたのはこれです。ViVid-F。特売で今回のVL-M3より安かった。これはTIMEDOMAIN lightのOEM品で、内容は微妙に違うかもしんないけど、ほぼ同じ品と思われます。TIMEDOMAIN lightは、どの店でも一律1万8900円で、多分にブランド料が混じってんじゃないかって気もするけど、まあ本来1万円オーバーの品なわけです。
 だから比べるのはフェアじゃない。VL-M3もこの値段、このサイズとしてはこんなもんなんでしょう。小さいスピーカーゆえの籠もった感じはViVid-Fの方が強いし、iMacの内蔵スピーカーよりはマシだし(けど、その後買ったソニーの安い液晶テレビの内蔵スピーカーに負けてたりもする)。
 
 買い替えた理由は、ViVid-Fにウロが来てたから。まず、ボリュームの位置によって、ノイズが乗るようになった。そのうち左スピーカーの音量が下がって、音質も右より籠もるようになった。そんで時々、余計な振動が出て音が濁るようになった。
 で、買い替えてみれば、VL-M3は新品なのに、調子が悪くなったViVid-Fよりもさらに音が濁る。
 しかも、新品のVL-M3でもわずかながら左スピーカーの方が音が小さくて籠もる。
 これはもう、俺の耳がおかしいんじゃないかと思って、左右チャンネル入れ替えたり、イヤフォンで試したりしてるうちにわけがわからなくなってきた。
 ViVid-Fが正常でないのは確かで、ボリュームをめいっぱい上げるとコーンの動きが右と左で見た目に違うんすよ。
 結局のとこ、俺の耳がおかしいんだかなんだかわかんないけども、新品のVL-M3より、調子を崩したViVid-Fの方がいいんでもとに戻してしまった。VL-M3は寝室のiPod用に使うということで。
 同価格帯でこれよりいいスピーカーがあるのかどうかは知らないけど、取りあえず私はこのスピーカーをお勧めしません。

スピーカーを買ったのだが” への4件のコメント

  1. 不思議です。
    私のVL-M3は値段以上の良い音で、
    高域がキンキンすることもなく。
    とても良いバランスで鳴ってくれてます。
    もちろん値段やサイズを考えれば、と言う前提付きですが。
    ロットによって違うんですかねえ。

    • 不思議ですね。
      私はとても音楽を聴く気にはなれなかったです。
      ハズレを引いたのかなあ。

コメントを残す