ブックオフ自由が丘店

0610_bookoff.jpg  
『ヴィンランド・サガ』3巻が最寄りの本屋になかったんで、自由が丘の青山ブックセンターへ。マンガ売り場が縮小されて探しにくい。近所のマンガ事情がまた悪くなった。『えの素トリビュート』も購入。
 青ブックの向かいにブックオフができた。なかなか凄い取り合わせ。土地柄を意識して若干おしゃれ。2階の1角がカフェスペースになってる。ブックオフに、カフェ。ムチャするなあ。
 カレーうどん専門店で夕食。ヴィンランド・サガはゆっくり1巻から読み直したいんで、えの素を読み始めるが、カレーうどんとのマリアージュがあまりにも奇跡的で。
 
■スピリッツの読み切り、相原実貴『月曜日が待ち遠しい』。チープな妄想マンガで、まあそれ自体は別にいいんだけども、スピリッツに載せる意味がわからん。妄想じゃなくスピリッツ向けに狙って描いてるとすれば、なおのことわからん。女性読者開拓?
 痴漢したら相手に惚れられて、「あなたの犬でいいです」って言うからそいつをペットとして飼うことになって、しかもそれが相手を救ったことになってて、みたいな。女が痴漢で、犬は男なんだが。女は外資系でヤリ手っぽく、男はオタで引きこもりでダサいが、いい大学で見た目も「基本は悪くない」なんだが。いやあ、ここまで調子いいとなあ。あからさまに電車男だしなあ。これ、男女逆にして女性誌に載せたらどう思われるのか。案外ウケるのか?
 
吾妻ひでお『便利屋みみちゃん』1巻。後ろに載ってる『あづま童話』の方が断然面白いんだが、こっちを続けるわけにはいかんかったんだろうか。

コメントを残す